次回コンコルソ デレガンツァ 京都の開催は、2021年春に延期されました。

詳細については近日中にお知らせいたします。

 


『コンコルソ デレガンツァ 京都 2019』は2019年4月13日(土)及び14日(日)に世界遺産 京都 元離宮二条城にて開催されました。
2019年度開催では、特別企画としてザガートとランボルギーニ・ポロストリコをテーマとして、コンコルソ デレガンツァ 京都・チェア―マンであるコラッド ロプレスト氏によってセレクトされた1930年から2018年に製造された稀少価値の高い、そして伝説的なクラシック&ビンテージカー54台が出展されました。芸術的で歴史的価値の高い54台の出展車両は9つのクラスに分けられ、世界的に著名で名声のある審査員よって審査され、
それぞれのクラス別の優秀賞並びに特別企画賞、そして出展全車両の中から最優秀賞としてBEST of SHOWが発表され、アワードセレモニーで幕を閉じました。

コンコルソ デレガンツァ 京都 2019の「Best of Show(最優秀賞)」は、国際審査委員会の満場一致でランボルギーニ350 GTザガートに贈られました。アメリカの著名なコレクターであるウィリアム・ポープ氏が所有する車両は、「Best of Show」にノミネートされるためにクラス(レース&プロトタイプ)で1位を獲得する必要がありました。その車両の希少性に加え、申し分ない素晴らしいコンディションにより「Best of Show」を獲得し、また本イベントではミラノに拠点を置くカロッツェリア・ザガートの100周年記念を祝していたこともあり、「Best Zagato」トロフィーも同時に獲得しました。
Best Lamborghini」トロフィーは、日本人コレクターが所有するマスタードイエローのインテリアを施したヴェルデミウラカラーの1971年 ミウラSVに贈られました。サンタアガタ・ボロネーゼからもう1社、「CHAPAL Desirable to drive」は日本人オーナーが所有する黒色のインテリアを施したオレンジ色の1976年ランボルギーニ・カウンタックLP400に贈られました。
ルクセンブルクから出展された赤色の1930年アルファロメオ6C 1750 GSザガートが「People Choice」トロフィーを獲得し、ベルギーから出展された1931年アルファロメオ6C 1750 GSザガートが「Best Alfa Romeo」及び「FIVA」賞を受賞しました。 「Elegant Closed」トロフィーは、日本人コレクターのシルバー色の1966年ランチア・フラミニア・スーパースポーツザガートに贈られました。 「Elegant Open」トロフィーは、ベルギーから出展された青色の1942年 アルファロメオ6C 2500 Sに贈られました。

概要


■ 開催日:近日中に発表
■ 開催日時 : 近日中に発表
■ 会場:近日中に発表
■ 特別企画協賛: 近日中に発表
■ イベントハイライト: 近日中に発表
■ 主催: 近日中に発表
■ 後援: 近日中に発表
■ 協賛:協議中
■ 総合プロデューサー :木村英智( 京都国際観光大使/アートアクアリウムアーティスト)
■ 委員長:コラッド・ロプレスト